たけぽんハム

~高校生の僕が気になったガジェット、DIY、ニュースについて~

中学生の卓球男子、張本智和の「チョレイ」、そこまで珍しい話じゃないよって話。

どうも、たけぽんです。卓球を始めて六年目になりました。

始めたときよりも卓球はメジャーになり、テレビでの中継や番組の特集のおかげで、学校でたまに話題になりました。

f:id:takepontan:20170702135144p:plain

ぼくもいろいろな大会(全中や全日本、ジャパンオープンなど)の観戦をする機会があり、卓球について知識が前よりも増えました。

で、本題、張本智和の「チョレイ」はそこまで珍しくないんです。

最近おこなわれた新リーグ『T2』、きのうもスポーツ番組で張本くんのダイジェストをやってました。

「チョレイ」って叫び声のおかげで勝ったみたいな…

卓球経験者なら「は?」って思うとおもいます。そうですよね?!

「チョレイ」は卓球ではメジャーな叫び声だからです。ほかにも「トレイ」とか「ヨレイ」とかが多いですね。

なぜ、声を大にして言いたいのか

世の中の卓球のイメージは、福原愛の「サー」です。

ぼくも友達に卓球を小馬鹿にされるとき、「サー」「サー」言われます。

でもこの叫び声、マイナーです。そして愛ちゃんぐらいしか叫ばない(←これ重要)

ほんとに「サー」っていうのはめずらしくて、いろいろな大会を見てきましたが、数多くないんですよね。

しかしテレビでは芸能人が「サー」やっていますね笑。それに影響されて一般人もそう感じるのでしょう。

おかげで、張本くんの「チョレイ」が目立つ。そんなわけです。

まとめ

文章力がなくてすみません笑。

簡単にまとめると『卓球では、「サー」よりも「チョレイ」がだいぶメジャーで使う人が多い』というわけです。

これだけは知ってほしい。そんなかんじです。

 

 

※同感でしたらスターを、反論ありましたらコメントにてお願いします。いろいろな方の意見を聞きたいです…(偉そうに語ってすみません)

広告を非表示にする